平成28年度「国際性に富む人材育成留学事業」(沖縄県)
沖縄県教育委員会は、国際性と個性を涵養し、グローバルに活躍出来る人材育成を図るため、「国際性に富む人材育成留学事業」を実施し、国外の短大や四年制大学、大学院へ、沖縄の高等専門学校生、専門学校生、短大生、大学生、大学院生を派遣します。当該事業を理解し留学を希望する者を次の通り募集します。
*募集・選考業務は公益社団法人 日本国際生活体験協会(以下「EIL」という)に委託しています。
■高等専門学生・専門学校生・短大生・大学生・大学院生
概要
国外の短大や四年制大学、大学院へ、沖縄の高等専門学校生、専門学校生、短大生、大学生、大学院生を派遣します。
留学先
留学先は、国外の短大、大学、大学院又は研究機関等とします。国外の高等教育機関が運営する通信課程や、大学間交換留学制度を通じての派遣については該当しません。
募集人員
修士課程(2年程度)・1年課程(1年)合わせて17名程度
対象分野
対象とする専門分野は、(1)本県の振興に貢献度が高い専門分野、(2)沖縄の特性を活かした専門分野での学習が望まれます。
※主な専門分野は次のとおりです。
情報通信、バイオ技術、海洋科学、環境科学、都市計画、気象、国際ビジネス、国際経済、国際関係、太平洋島嶼国開発、観光、保健・医療・福祉、教育、文化・芸術等
経費助成額
沖縄県教育委員会は、留学生に対して、授業料(研究助成金)、海外傷害保険料、往復渡航費及び滞在費について、留学助成金として給与します。
※派遣国によって留学助成金の上限額は異なります。
応募資格
(1)の要件を満たし、かつ(2)〜(5)のすべての要件を満たす者

(1) 日本国籍を有し、次のいずれかに該当する者
①沖縄県に本籍を有し、過去または現在において、沖縄県に1年以上居住事実のある者又はその子であり、国内の高等専門学校生、専門学校生、 短大生、大学生、大学院生 に在籍している 者。または、応募時に卒業後1年以内の者
② 現在沖縄県内の高等専門学校生、専門学校生、短大生、大学生、大学院生に在籍している者。または、応募時に卒業後1年以内の者
③ 沖縄に本籍を有し、国外の大学や短大、専門学校に在籍している者。または、応募時に卒業後1年以内の者

(2)学業、人物ともに優秀であること。また、学歴については次の要件を満たす者
種別 学歴・資格
修士課程 学士号取得後1年以内の者又は平成29年3月末までに取得見込みの者
(海外の大学にあっては平成29年6月末)
1年課程 高等専門学校生、専門学校生、短大生、大学生、大学院生に在籍中の者又は卒業後1年以内の者、国外の大学や短大、専門学校に在籍中の者又は卒業後1年以内の者

(3) 語学能力については、次の水準以上であること。
① 派遣先(短大、大学、大学院又は研究機関)が求める語学能力が具体的点数として明記されている場合は、派遣先が明記する語学能力以上であること。
② 派遣先が求める語学能力について具体的点数が明記されていない場合は、派遣先で学位取得又は専門分野の研究遂行に十分な語学能力を有すると認められること。

(4) 心身ともに健康であること。

(5) 将来の沖縄県振興のために寄与する意志があること。

(注1)過去に本事業において助成を受けた者について、本募集要項2における同じ「種別」での再応募は認められない。
(注2)派遣年度内での国や他の自治体、現在所属している教育機関等が主催する給付型の公的奨学制度との重複は認められない。
応募手続
下記書類一式を提出すること(提出された出願関係書類は返却いたしません)
募集期間
平28年6月27日(月)〜平成28年7月1日(金)17:00まで。
(1)郵送のみ受付。平成28年7月1日(金)17:00まで必着のこと。
(2)持参やFAXでの申し込みはできない。
(3)封筒表に「H29国際性に富む人材育成留学事業 大学生等」願書在中と明記すること。
(4)応募書類はホッチキス止めをせず、クリップでまとめること。
(5)お問い合わせは、応募者ご本人からのみに限らせていただきます。

提出先:公益社団法人 日本国際生活体験協会 沖縄事務所
    〒902-0067 沖縄県那覇市安里1-1-53 TEL:098-951-3652
選考試験
(1) 第1次選考試験(書類審査)
(2) 第2次選考試験(面接)
試験日程 平成28年8月20日(土)(予定)
試験会場 第1次選考試験の結果通知でお知らせします
試験科目 ① 面接試験(日本語による面接)
② 適正検査
※この日までに語学能力を証明する公式スコアの提出がない者は一次選考試験合格が取り消されます。
合格発表 平成28年9月上旬(予定)
お問合せ先
公益社団法人 日本国際生活体験協会(EIL) 沖縄事務所 9:30〜17:00
TEL:098-951-3652 FAX:098-867-9040 EMAIL:uni2017@eiljapan.org

■高校1・2年生
概要
沖縄県内の県立、私立高等学校及び国立工業高等専門学校に在籍する生徒80名を留学生として1学年間各国に派遣します。
派遣国(予定)
アメリカ、アルゼンチン、イタリア、インド、インドネシア、エクアドル、オーストラリア、オランダ、カナダ(英語圏)、コスタリカ、スイス(ドイツ語圏)、スウェーデン、タイ、台湾、チリ、中国、デンマーク、ドイツ、ニュージーランド、ノルウェー、フィリピン、フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、メキシコ(26か国)
※(表1)の派遣国においては、現地事前研修が必修となります。
※ 研修費用は、急激な為替レートの変動があった場合には変更になることがあります。
※ 事前研修費用は、予算化が実現した場合は免除となります。
派遣国先国別留意点pdf

(表1)
派遣国 受講条件 期間 費用
アルゼンチン 必須
※プログラム開始後実施
計40時間 69,000円
スイス 必須 約3週間 162,000円
チリ 必須 計100時間 55,200円
ドイツ 必須 約2週間 152,400円
フランス 必須 約3週間 148,590円
メキシコ 必須 約4週間 167,325円
募集人員
80名程度(内40名前後をアメリカ派遣とし、その他の国への派遣は若干名とする。)
留学期間
1学年間(約10ヶ月)平成29年5月〜9月に派遣開始予定
*派遣国によって出発日が異なります。
経費助成額
派遣する高校生に対しプログラム参加費の全額を助成します。
[留学経費としてプログラム参加費に含まれないもの(自己負担)]
  1. 旅券・ビザ申請諸費用
    ビザ申請にあたり、本人および保護者が県外の領事館または大使館まで出頭の必要がある場合があります。
  2. 英文健康診断書作成、予防接種費用
    派遣先国より各種予防接種の接種が求められる場合があります。日本では輸入ワクチンしかない予防接種もあり、1本あたりの接種が1〜2万円前後する場合があります。
  3. オリエンテーション参加交通費
  4. 自宅から成田または羽田空港までの往復の交通費
  5. 授業料は免除されますが、実験・実習費、教科書代、通学交通費等、一定額の学校経費の負担を求められる場合があります。
  6. 海外旅行保険料(15万円〜25万円程度)
  7. 個人的経費(お小遣い等)
  8. 現地事前研修費(必須での受講の場合)
※ 以上、①〜⑦の目安として最低でも約50万円程度の費用負担があります。
募集手続き
希望者は学校長を通して必要書類を提出するものとします。
受付期間:平成28年9月20日(火)〜9月23日(金)17:00まで
     (郵送の場合も、9月23日必着)
※申し込みは学校を通して行いますので、学校で提出期限を設けた場合はそれに従って下さい。
 個人での提出は認めません。

提出先:公益社団法人 日本国際生活体験協会 沖縄事務所
    〒902-0067 沖縄県那覇市安里1-1-53 TEL:098-951-3652
よくある質問
筆記試験の英語テストはどのような内容ですか?
ELTiSテスト(http://www.eltistest.com/home/index.php)になります。
派遣国先国別留意点にも記載されている通り、派遣国によって合格点が異なります。
事前説明会にて受験ガイドを配布予定ですが、下記からお求めいただくことも可能です。
http://tofl.jp/eltis/index.php
アレルギーや持病がある場合は応募可能ですか?
内容や程度によって判断がされます。
派遣決定後、医師からの詳細な英文での紹介状が必要となります。
犬、猫に対するアレルギーの場合は、ホストファミリー決定に時間を要する場合があります。
お問合せ先
公益社団法人 日本国際生活体験協会(EIL)沖縄事務所
TEL:098-951-3652 EMAIL:ayp2017@eiljapan.org


お問合せ 公益社団法人 日本国際生活体験協会(EIL) 沖縄事務所 TEL:098-951-3652 EMAIL:info@eiljapan.org
Copyright © 2016 EIL. All rights reserved.