公益社団法人 日本国際生活体験(EIL)

資料請求・お問い合わせ
学校関係者の皆様へ 海外の皆様へ

独自のサポート制度

EIL高校生交換留学プログラムでは、留学中のサポートはもちろんですが、留学前および留学後においても、多彩なサポート制度をご用意しています。 より充実した留学生活を送っていただくためには、留学前の準備がとても大切だと考え、特に重きを置いています。

留学前

通信教育

合格後にスタートするのが英語の通信教育です。学校で学ぶ英語と、高校留学で必要となる英語は異なるため、独自に開発されたテキスト、CDを使い専任の職員が通信教育によって添削指導を行います。英語力を伸ばすだけでなく、留学に向けての準備として留学生が最低限身につけておくべき知識を扱います。

出発前オリエンテーション

プログラムのルール、家庭生活や学校生活における留意点の確認、異文化コミュニケーションの疑似体験など、留学生活全般にわたる学習会です。多くのOB/OGがボランティアとしてオリエンテーションに参加し、派遣生と一緒にアクティビティを行います。生徒は2泊3日、保護者は1日の日程で開催されます。

留学中

留学中のサポート体制

留学生が派遣国に到着した後は、現地のスタッフが留学生をサポートします。普段の生活の中では一緒に生活するホストファミリーにアドバイスをもらいながら生活をしていくことになりますが、地区委員(またはコーディネーター)もまた、生徒の相談に乗ってくれます。地区委員は留学生の滞在地域あるいは近くの周辺都市に住んでいることが一般的です。また必要に応じて、留学生が現地事務所から直接アドバイスを受けることもできます。

保護者会

お子様が留学中の秋と春の2回、保護者会を行います。実際に留学が始まり、まだ現地の生活に慣れない子供からの相談に親としてどのように対応すればいいのかなどのアドバイスをします。また、お子様の留学が終わる前に一年ぶりに子供を迎える親の心構えや逆カルチャーショックについて一緒に考え話し合います。

帰国

帰国後オリエンテーション

留学後の進路対策および逆カルチャーショックへの対応、プログラムの振り返りの機会として帰国後オリエンテーションを実施しています。

アラムナイ(OB・OG会)

高校留学体験者によって発足したアラムナイは、後輩への指導や体験者同士の相互交流を目的に活動をしており、事務局の活動を支える大きな力となっています。今後も留学生の相談役として、また留学体験者の体験を分かち合える場として、さらに広い活動を続けていく予定です。